Monthly Archives: 4月 2011

100,000年後の安全

先日、映画「100,000年後の安全」観てきました。
ドキュメンタリー映画なのですが、
本当にこれが現実に起きてるのかと思うとぞっとします。

フィンランドのある場所に放射性廃棄物の
「お墓」を建築してる話ですが、
映画のタイトル通り、10万年以上の管理が必要とされる。
で、その10万年後ってどうなるの?保証できるの?ということを
議論し、といっても曖昧に結論をくだし(せざるえない)、
現実に対応している姿が描かれていました。

やはり、感心したことは、
原子力を推進するかどうかの賛否は置いておいても、
現在の廃棄物の問題に向かいあっている姿勢でした。
まず、この映画を作ることをOKしてるんですもんね。
そこでまず向き合ってます、世間と。
で、絶対の安全というはないという態度で臨んでいる姿に、
誠実な向き合い方を感じます。

NHKスペシャルの「原発解体」で原発の解体にも途方もない、
時間を要するんだと知りましたが。
さらにさらに未来まで、この負の遺産が残っていくのかと思うと、
頭が痛くなってしまいます。

ドキュメンタリーの映像表現として、
どこかイラッとくるところもあるんですが、
考えるべき内容であるのは確かです。
TONBI

ご来場ありがとうございます

昨日は、お世話になっている精巧堂印刷所さんとあんどう兄弟さんが主体となった
チャリティーイベントがおこなわれました。
風は強かったですが、見事に晴れて、
屋内の音楽はもちろんのこと、
外のB級グルメの屋台も、盛況でした。
楽しかったなぁ。


ノーギャラで参加してくれたアーティストのみなさんの
気合いの入った演奏もたくさんの力をくれました。


会場をセットしたものも、そこで演奏したものも、
それにお付き合いいただいたお客さんも、寄付をくださった方も
みんなだれかに、ありがとう、な一日でしたよ。

小さなことかもしれないですが、
一歩一歩すすむことが、被害をうけた生活にも、
悩み傷ついたこころにも、効くんでしょうね。

チャリティーイベント2011

チャリティーイベント2011


今朝の新聞にものっておりました。
TONBI

イベントなど

来週の日曜日4月17日は、
375でお世話になっている、精巧堂印刷所のゆきんこカードの
復興支援チャリティーイベントになります。
和楽器ユニットのあんどう兄弟さんの気持ちで、開かれるイベントです。
小さな灯でしたが、どうやらいろんな力が集まって、
楽しいイベントになるそうです。

また情報ですが。
すこし前、375でインタビューをうけていただいた
鎌仲ひとみ監督の映画が、渋谷アップリンクなどで上映されています。
各地での上映会も盛んです。
詳しくは↓
http://888earth.net/staffblog/

ついでに…
震災後、注目され、ツイートがひとつの芸になっている。
デーブスペクター氏のツイッターはこちら↓
http://twitter.com/#!/dave_spector

どうか多くの人を癒してくださいませ。
TONBI

375、3-4月号発行いたしました。

375、3-4月号を発行いたしました。
次号は5月号#56となります。
5月上旬発行予定です。
375編集部