Monthly Archives: 6月 2011

もう1ヶ月前の話ですが、
375の5周年イベントの時に、
自然育児友の会様からお花のいただいたのでした。
とっても嬉しゅうございました!
ありがとうございます。
なんだかこじんまりとした会にも関わらず、
気を使っていただいて、悪かったなぁと思っております。


花ひとつあるだけで、会場の雰囲気は変わるもので、
花は偉大やなぁと思います。

どこかのメーカーのパソコンで、
デスクトップの背景が強烈な色の花畑のものがあって、
これは、悪いけど目が痛い、、と思うのですが、
リアルな花畑にいくのとは全然違う体験ですよね。
モニターのようなそのものが発光するのと、
反射光とでは受け取る意味合いが違うというのもあると思いますが、
花の「軽さ」が伝える色というは、
特別なものがあるのでしょうね。

この写真も黄色、オレンジ、金赤、濃い緑、と強烈なコントラストでも、
許せる感じなんですよねぇ。リアルで見ると。




暑さに負けないで!と思いたいですが、
もう負けでいいので健康でいたいっす。
TONBI

ヨブ記

先日は、アントロポゾフィー協会の祝祭行事がありました。
祝祭行事といっても、夏をテーマにライアー演奏聞いたり、詩の朗読があったり、
参加者が自由に構成する、ほのぼのしたものです。

その中で、宗教を学校で教えれている方が話されて、その中でヨブ記の話がでてきました。
僕はキリスト教のことはトンとわからんのですが、
さすがに学校の先生だけあって、とてもおもしろく聞くことができました。

「わたしは裸で母の胎を出た。また裸でかしこに帰ろう。
主が与え、主が取られたのだ。主の御名はほむべきかな」

裕福なヨブが災難にあって、ボロボロになっていった言葉で、
どうも有名な言葉だそうですが、地震後のこの時期にしみる言葉でした。

原発もたくさんを取っていってるけど、ヨブさんに言わせれば、
受け入れよってことなんだろなぁ。
TONBI

やっぱり梅仕事

今年は梅仕事をするか考えましたが、
いつもの梅の木に行くと、
きれいに梅がなってるもんで、
結局、沢山取ってきてしまいました。

今年は梅干しはやめにして、
ラム酒で漬ける梅酒に挑戦してみました。
ラム酒の梅酒
写真左から
ラム酒の梅酒、ホワイトリカーの梅酒、
氷砂糖の梅シロップ、きび砂糖の梅シロップ、です。

飲むのがだいぶ先なのがいつも口惜しいんですよね〜。
TONBI

二次災害

375を支えてくれるMacが溶けた…。

発送作業の時にこぼしたら大変なので、
お茶の入ったコップを流しに戻そうとしたところ、
手を滑らしお茶がバチャーとMacにこぼれる。
うぎゃー!
どうやったら、こんなことできんだ!
器用すぎるだろ俺の手。悪い意味で!
こんなんだったら、動かさんかったら良かった。

で、本題。
開いたノートパソコンにお茶が降りかかったら、
どうしたらいいでしょうか?

はい、僕は答えをしりません。

でも、その時やったことは、まず拭き取り。
基本ですね。
お次はドライヤーでした。
どうですか?水分を飛ばすんです。
そしたら錆びない。とか、
いいことありそうじゃないですか。

その結果が写真です。

20110609-223425.jpg

キーボード溶けちゃった…。テヘ。
マトリックスの世界に入った気分でしたよ。(古い)
こう、グニュっと最新機器がまがる感じ。

みなさん、パソコンにドライヤーは当てないようにお気をつけください。

で、どうするよこれ。

375_5月号が発行されました。

2011年5月8日
375、5月号が発行されました。
天然住宅バンクの仮設じゃない復興住宅を
応援する号となってます。

冷や汁登場

ようやく375、6月号の発行にこぎつけました。
今号は濃いな〜と思います。お楽しみに♪

375事務所、通称バババーでは、
毎週水曜、ミーティングというか飲み会というか、
お茶会というか、集まって食事をしています。
今回は宮崎名産?の冷や汁がメインディッシュでした。
冷や汁

豆腐にミョウガにきゅうりに大葉に、特製の汁(スープ)をかける
なんともサマーな料理でした。
僕は食事に関してニューカマーにはかなり奥手ですが、
とってもデリシャスでした!

いつかこの食事会も編集部以外の人もトゥギャザーできるように
企画にしたいと思ってます。
ではでは、また。
TONBI