Monthly Archives: 8月 2011

大曲の花火

明日は、大曲の花火です。
フリーペーパーのR25でも紹介されていましたね。
唯一(失礼)大曲が全国に知られるイベントです。
今年は東北応援という意気込みか、
多くの方がこられる気配を感じます。

さて、私も375のお世話になっている
精巧堂印刷所のイベントで来ております。
<今日の駅弁>

今年は、ライブ演奏の他、お子様でも楽しめる、
的当てなどの出し物もあるので、
是非、遊びに寄ってってください。
駅から、会場までの道すがらでどんちゃんやってますので。
よろしくお願いします〜。

そうそう、375、夏のプレゼントアンケート、
どしどしご応募くださいね〜。
TONBI

テレビ、民間信仰神棚

人の一挙一動にメッセージがあって、
それが、意識的か無意識か関係なく、
多くのことを語ってると思う。
例えばテレビの位置は面白い。

軽く結論をいうと、
今のテレビは位置的に神棚にあって、
そして、まさに神棚として扱われていると思う。
反対意見以前にアホかと思われるかもしれないけど、
僕はそう考えている。

一時期、郊外というか、
人里離れたところに住んでた時期があった。
その地域の右も左もわからない場所で、目印になるようなものもない。
そんなところで、助けになったのが、
山だった。
いつもの道から外れて、
わけがわからなくなっても、
遠く高くにあって、どこにいても眺めることができる山は、
いい目印だった。
山をみれば、大体の帰り道が見通せた。

安易な結びつけだけど、
かつては山はイコール神の社だったのも、
道しるべとしての役割もあるからじゃないだろうか。

さて、あなたのお家を一国一城として、
家の中で、高くにあって、どこにいても、
誰もが眺めることができる場所に、
なにがあるだろうか。
僕はそこにいつも神棚とテレビを見る。

なにを大げさなと思われるかもしれないけど、
上座下座を気にしない人はいないだろう。
位置のメッセージは無意識の集積で、
とても説得力がある。

で、その神棚的なテレビがどういったもので、
これから、どうなっていくかを考えるのは、
民間信仰の行く末を見ているようで、
とても面白い。

そうはいっても、
今どきは、手鏡のような神棚を、
みんな持ち出して、
時間が空くやいなや、
パケット使い放題で、熱心に祈ってるけど。
TONBI

ババヘラ

またしても、秋田に来ています。
精巧印刷所主催のイベントに
なつかしのババヘラアイスを
お呼びしたので、ここぞとばかりに食べました。
なつかしい味です。

主要道路にポツンとおばばさまが、
売り子に立たれてる姿を始めてみたときは、
衝撃的でした。

20110801-190925.jpg
バラ型に盛ってくれて、
食べるのが楽しいです。

ちょっと涼しげな一日だったんですけどねぇ。
月末の花火大会のときも食べるのかな。
TONBI